Wise Hat.com

Random Image Random Quote

(scroll down for English)

競争をこえて

「共に遊ぶクラスは共に学ぶ」

Chris (Hunt)

子供はたいていゲームが好きで、自分がゲームをしたいからします。教師にとっては時間が大切ですから、どのゲームも次のうち1つの働きをする必要があります。

  1. 子供たちの英語力を維持するか伸ばす
  2. 子供たちが英語を使うための動機を高める
  3. チームのアイデンティティを構築する
  4. クラスのアイデンティティを構築する

全てのゲームが直接的な英語の練習のためである必要はありません。アイデンティティも重要です。なぜなら、これは子供たちの集中力を高めるからです。子供たちが自身を「英語を話し、使う人」とみなせば、英語を使う動機が高まります。そして力も自然と高まるのです。これを示す確かな兆候が見られるのは、子供たちが教師に対してだけでなく子供同士でも英語を使うようになったときです。

ごく少人数のクラスでは、チームもクラスも同じことです。人数の多いクラスでは、チームに分けると役に立ちます。4人のグループが最適です。ペアワーク(2人1組での取り組み)ができるからです。スペンサー・ケーガン博士は著書の Co-operative Learning(『協同学習』)の中で、性質(性別や性格、得意分野など)の違う生徒が集まった混成チームを作るべきだと指摘しています。博士はまた、協力型学習の4原則「P.I.E.S」を挙げています。

  1. 前向きな相互依存:
    生徒たちは共に取り組むことが必要。これには役割を割り当てることが有効
  2. 個々の責任:
    生徒の全員が「加担する」べき。これには公の場でのパフォーマンスが有効
  3. 公平な参加:
    内気な生徒も社交的な生徒も同じだけの活動時間を持つべき
  4. 同時の相互作用:
    同時にできるだけ多くの生徒がかかわるべき

子供が何かをうまくやったときや行儀が良かったときに褒美・報酬を与えるのは優れた方法とは言えません。アルフィ・コーンのPunished By Rewards(『報酬主義をこえて』)で指摘されています。お祝いをすることは大丈夫です。個人、そして特にグループが何かを達成したことを祝うと、クラスのアイデンティティが構築され、動機を育むことにつながります。褒美・報酬は「全員に行き渡らない」ことが基本となっているため、競争の種をまくことになります。お祝いには儀式的な要素が含まれる場合が多く、全員で楽しめる経験となります。

ここで宿題です!

今日取り上げたゲームについて考えてください。各ゲームの主な目的は何でしたか?ゲームの中にP.I.E.S.がどのように含まれていましたか?

Beyond Competition

"The class that plays together learns together"

Chris (Hunt)

Most children like games and play them for their own sake. For the teacher, time is important so every game should do at least one of the following:

1. Maintain or increase the children's English ability
2. Increase the children's motivation towards using English
3. Build team identity
4. Build class identity

Not every game need give direct English practise. Identity is important because it increases the children's focus. When children see themselves as English speakers and users their motivation to use English will increase. Their ability will increase naturally. A sure sign is when children use English not just with the teacher but with each other.

In very small classes, the team and the class are the same thing. In large classes it helps to create teams. A team of four is best as it allows for pair-work. In Cooperative Learning, Dr Spencer Kagan, points out that teams should be heterogeneous. He also lists four principles of Co-operative Learning known as P.I.E.S:

  1. Positive Interdependence
    - students should need to work together, assigning rolls helps this
  2. Individual Accountability
    - all students should "pull their weight", public performance helps this
  3. Equal Participation
    - shy students and outgoing students should have equal activity time
  4. Simultaneous Interaction
    - as many students should be engaged as possible at any time

Rewarding Children when they do well or as a kind of bribe for good behaviour is a poor strategy. See "Punished By Rewards" by Alfie Kohn. Celebration is another matter. A Celebration of individual and especially group accomplishments can build class identity and foster motivation. Rewards are based on scarcity and sow the seeds of competition. Celebration often involves a ceremony or ritual and is a joyous coming together.

Homework!

Think about the games we played. What was the main purpose of each game? How did the games involve P.I.E.S.?

Thank you for visiting Wise Hat - Please come back soon!